『ブラスデイズ』

「後悔、山ほどあるけど、それがなかったらわたし音楽続けてなかったと思うし」 「ああ

くつした

河原で流星群を眺めていた。 三十三を数えるころには、寒すぎて涙が滲んでいた。

みみなが

みみのながーいウサギがいました。 どれくらい長いのかというと、玄関から、廊下をつた

ほしが きれい

あるところに おじいさんがいました。 おじいさんは じつは かみさまでした。 で

『Happy Box』

イシカバカバ。
幼いころ、絵本に教わった呪文。

『ありったけの話』

幽霊がプールに飛び込んで水しぶきがあがりました。その水しぶきは、本物の水でしょうか、

『空で歌う』

兄の影を追いかけていた。校庭に伸びた長い影は僕を手招きしていたけれど、距離は一歩ごと

『さりぎわの歩き方』

〈いまどき、まっとうな青春小説〉というのが、その日、ただひとつ釣れた文章だった。 デ

6 / 6123456